パチンコ 羽生

パチンコ 羽生

姫様が、公爵家以外から夫を選ぶ、その理由が明るみになれば、尚のこと」 ギルの言葉にピクリと反応したのはリヴィ様と従者の方のみ

あなたも好きかも:スロット カー コース
どうやら従者の方は、一つ深い情報を得ることのできる立場であるようだ

 ということは、この従者の方はアギーの中でそれなりの信頼を得ている方……もしかしたら、本来はアギー公爵様の従者であるのかもしれない

 そうして、リヴィ様も王家の呪い(はっかのやまい)を耳にしている……

「男爵家から、下手をすれば公爵家まで、推測は広がりましょう

あなたも好きかも:gmo後払い ゲーム機
一人を特定するのはとても困難であるはず

 地位も名も定かではありませんから、下手な手出しはできかねる……そう判断する家が多いと思います

 その形を作り上げることが、我々の提供する盾

 オリヴィエラ様は、ただ耳飾を身につけ日々を過ごし、そのお相手に関しては極力秘しておけば良い」「極力……ですの?」「そう、極力です

全ての情報を閉ざしたのでは、逆に信憑性が薄れますから」 なんとなく、概要が分かってきたのだろう

従者の方が、また口を開いた

「そんな稚拙な手段で騙し通せるとは思えぬ……」「騙せるよう、手段は講じます

 まず、情報の操作、撹乱はこちらにお任せいただければ問題ございません

 次に、その架空の人物を作り上げます

 貴女様との縁を持つ者から、ある人物を、この方の記憶として利用していただく

そうすることで信憑性も増します

 貴女様と七年以上の交流があり、貴方様とお会いする際は、他家の方との接点を持っていない人物