俺妹 スロット

俺妹 スロット

脚と脚がぶつかり合い、衝撃によって爆風と共に土埃が舞い上がる

「ハッ! ダルいならさっさと負けてくれよ」「いや、そうじゃねえんだよ……」 ライが言い、ダークが返す

その言葉と共に動き出し、回し蹴りの体勢から次のモーションに移り二人は相手へ攻撃を仕掛ける

「じゃあ、なんだよ!」「いやー、戦い自体は面白かったりするんだよ……」 それの攻撃によって再び土埃が舞い上がり、この森にある砂が全て無くなってしまうのでは? と錯覚するほどの量だ

「面白いのにダルいのか?」「まあ、そんなところだ……」 土埃で視界がぼやけている中、裏拳を放つライにそれを受け止めるダーク

あなたも好きかも:パチンコ 花の慶次 蓮 激アツ
 流石にそれだけでは土埃が舞い上がらなかった

「具体的に言うと?」「ほら、身体をよく動かすじゃねえか……? だからどんな行動に出るかとか考えんのが面倒なんだよ……」 ライはもう一度回転し、後ろ回し蹴りをダークへと仕掛ける

ダークは正面から受け止め、言葉を続けるように話す

あなたも好きかも:愛知 一色 パチンコ
「ただ見ているだけで、身体が勝手に動いてくれたら楽なのによ……」 ライの蹴りを弾いたダークは、体勢が崩れたライの鳩尾《みぞおち》に正拳突きを放った

「身体ってのは脳の命令で動いているんだ

無理な話だろ!」 身体を捻り、正拳突きに拳をぶつけるライ

その衝撃は回りに発散され、足元にクレーターが出来上がる

「まあ、そうだよなあ……」 そんなライの言葉を聞き、ダルそうにため息を吐くダーク

そんな話ながらの会話を聞き、リヤンは目を丸くしていた

「……スゴい……」 一言だけ言い、ライとダークの戦いに視線を戻すリヤン