a スロット 春日井

a スロット 春日井

お、お前が言うな! いったいどの口が鈍いだなんて言うんだ! いつもいつも健全な青少年の純情を弄びやがって…………ぶつぶつ……「……君が持っているのは本当にそれだけかい? 本当の本当に? もう一度全部思い出してごらん?」「えー……? えっと、魔弾でしょ

瓶詰め、干し肉、水筒……よく分かんない道具と、気持ち悪い色した汁

変な形の木の根っこ

あなたも好きかも:パチンコ むつ 営業時間
やたら青い液体の入った薬瓶

あとは…………服と鎧とホルスターと……」 まだ気付かないのか……なんて少しあきれた様子で、マーリンさんは僕のホルスターから銃を奪い去った

ああ、うん

あなたも好きかも:豊島 区 パチンコ 優良 店
銃も持ってた

でも、それはある意味魔弾とバーターというか、魔弾ありきというか

魔弾が本体みたいなとこあるし

「……これ、別に魔弾しか撃てないわけじゃないだろ? 確かに手は加えてあるが、元の機構を全て失ったわけじゃない

と、思う

威力は落ちてそうだけど、問題なく使える筈だ

多分」「…………あー、そういえばオックスもそんなこと言ってた気が

それ一応は本物の銃だったっけ

でもアイツ、普通の弾丸はもう使えないって……」 使い物にならないのは間違いなく事実だよ

そんなことをあっさり言ってのけて、マーリンさんは銃を僕に手渡した

そしてなにやらごそごそとポケットの中に手を突っ込み、中から小型の……それでもいつも使う魔弾よりは大きな、綺麗に製造された弾丸を取り出した

「君は何だかんだでそれを使いこなせてないからね