パチンコ ランキング 出玉

パチンコ ランキング 出玉

《どうしたの? 何かあったの?》《痛ぁいっ……助けてぇっ……》《え? だ、誰の声?》 ヘッドフォンからの音と優樹の声が重なるが、反町は優樹の声に集中して「……すん」と鼻をすすった

「優樹……会いたい……」《う、うん

……私も会いたいけど》《うううぅーっ……助けてぇ》《だ、誰っ? 誰かいるのっ? 助けてって言ってるけどっ? 怪我してる人でもいるのっ? そうなのっ?》 状況がわからないからだろう、戸惑う声だが、その気配に反町はホッとした

 心配をさせてしまっていることに申し訳なく思いつつ、彼女という存在のみが今は現実との繋がりだ

あなたも好きかも:icf教会 パチンコ
ヘッドフォンから聞こえてくる呻き声も、なんだか遠い声に聞こえてくる

《な、何っ? 誰の声っ?》 焦る様子を脳裏に思い浮かべ、反町は項垂れた格好で少し笑った

「……優樹」《痛いぃぃっ……》《えっ? な、何っ? なあにっ?》「……愛してる」《助けてぇぇっ……》《えっ? え!?》 ヘッドフォンからは相変わらずの音が聞こえてくるが、困惑している優樹の気配に反町は肩の力を抜いた

あなたも好きかも:3eyes パチンコ
「……もっと、声が聞きたい

……何か話して

なんでもいい

あなたも好きかも:パチンコ の 倒産 を 応援 する
……優樹のこと、もっと、もっと知りたい」 甘えた声に、《えっ!?》と優樹の戸惑いが更に強まるが、ヘッドフォンからの《ハア、ハア……》と荒い息遣いも近くなってくる

《……だ、誰がいるの? なんだか……変な音が》「うん……、気にしないで」 そう答えるが、ガシッ! と再び両足首を捕まれた反町は「うっ……!」と声を漏らして肩を震わせた

《流君っ? どうしたのっ?》 怯えを感じ取ったのか、焦る優樹に、反町は「な、なんでも」と声を震わせ答えながら数回深呼吸をした

「き、気にしないで

それより……何か話して