スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

「私は、剣術の鍛練が好きですね」「け、剣術ですか!?」「剣術、カッコいいです!」リリィは驚き、アトは両手《もろて》 を上げて、喜んで万歳をする

「―――法王猊下の精霊術は、今の所、国の誰も敵う方がいません」ディンファレがそう言うと、リリィもアトも静かに頷いた

「法王猊下に"敵無し"と言いたいですが

リリィ嬢もご存じの通り、法王猊下、ロッツ様は、"とても優しい方"であられます

だから滅多な事で、攻撃的な精霊術を使う事がありません

しかし不埒な奴がいるので、術を使わない優しいロッツ様に、不届きな事をしでかそうとする輩もいます

それを防ぐのと、敬愛するロッツ様を護る為に、私は剣術を鍛練します

あなたも好きかも:スロット 星矢 海王
大切な方を護る為の力をつける事は、私にとっては娯楽―――"好きな事"と同じです」長く、ザっと女性騎士は自分が好きな事を述べた

あなたも好きかも:ir法案 カジノ 3%!<(MISSING)/strong>
そしてディンファレはとても優しく包むような表現をして、法王を語る

今の法王―――ロッツは、絶世の美貌を誇った母親譲りの、整った顔立ちの男性である

例えを上げるとするなら、美人で有名なアルセンを秀麗と表現するなら、法王ロッツは可憐という言葉が当てはまるだろう

表だった儀式ではベールを着けているが、その整い過ぎている容姿と母親譲りの可憐さは国民も知るところであり、精霊術の優秀さも合わせて、"法王"としてのカリスマを発揮していた

ただ一般国民には伏せてはいる事は、法王ロッツには発達に"偏り"がある事

知能の理解力や発達 が非常に緩やかで、34才の現在でもまるで無邪気な幼子な雰囲気を常に醸し出していて、ある意味可憐さを助長させている所もあった

"発達の偏り"の種類は丁度この場にいる、アトにも共通する類とディンファレは考える

現に前法王サザンカが幼児期のロッツに施したやり方で、"ディンファレ"の名前を教えたならば、アトは直ぐにそれを吸収して、名前を正確に覚えた