ウィリアムヒル 入金

ウィリアムヒル 入金

適当な嘘を吐くのではない」 アルステーデは紫に近い青の髪を揺らして首を横に振った後、口を噤んで一度下を向いた

「わたくし達と協力関係にある王族はヒルデブラント王子ではありません

ジェルヴァージオ様です」「なるほど

あなたも好きかも:春の ワルツ パチンコ
王族は王族でもユルゲンシュミットの王族ではなく、ランツェナーヴェの王族ということか……」「……ジェルヴァージオ様はすでにユルゲンシュミットの王族です」 アルステーデの思わぬ言葉に場の雰囲気が一瞬で変わった

「どういうことだ?」と護衛騎士達から声が上がり、緊張が走る

フェルディナンドの表情が険しくなった

眉間に皺が深く刻まれていく

それから、こめかみを指先でトントンと叩き始めた

あなたも好きかも:神田うの 旦那 パチンコ店
「すでに……? ランツェナーヴェへ渡った者はメダルの登録場所を移されるはずだが、つまり、戻ったということか? 管轄は……

あぁ、そちらが本来の狙いか」 小さな声で独り言を零しながら、フェルディナンドはパズルのピースがはまったようなスッキリ顔になった後、ものすごく面倒くさそうに息を吐いた

「勝手に納得して終わらせないでくださいませ、フェルディナンド様」 アダルジーザ関連の記述はわたしのメスティオノーラの書にほとんどないので、フェルディナンドが何に納得しているのか全くわからない

わたしにも説明してほしい

腕を軽く叩いて説明を求めると、フェルディナンドは仕方がなさそうに口を開いた

「ラオブルートにとって一番重要だったのは、ランツェナーヴェの者達がシュタープを得ることではなく、ヒルデブラント王子とその側近達をその場から追い出すことだったということだ

中央神殿の者がメダルの確認や移動をしたのだな?」 最後の言葉はアルステーデに向けられたものだった

ほぼ断定しているフェルディナンドの口調にアルステーデが「何故わかるのですか?」と恐怖に強張った顔になる

「やはりそうか……」「全く説明が足りていませんよ、フェルディナンド様!」「メダルを完全に廃棄されればシュタープを扱うことができなくなる

それは知っているな?」 高学年の範囲にはなるけれど、領主候補生の講義で習う内容だ

卒業までの全てを叩き込まれたので知っている