栗東市 パチンコ

栗東市 パチンコ

◆ 最後の七賢者、ノストラダムス=アワリティアが会議室に集まり、全ての七賢者が集結した

 最後の一人、いや一柱は肌を含め全てが黒い男だ

あなたも好きかも:パチンコ 期待度 嘘
終わりきったものの残滓――終焉残滓(オメガマター)と呼ばれる物質で構成されている彼は当然人間ではない

あなたも好きかも:エピフォン カジノ レフティ
 宇宙の彼方からやってきた七体の堕ちた創造神の一体で強欲を司る存在であり、終わり切った存在のため【即死】も通用しなければ、物理攻撃は勿論のこと魔法攻撃やエネルギー攻撃も通用しない

 ノストラダムスが姿を現した直後、会場に最後の一人が姿を現した

あなたも好きかも:パチスロ ストライク ウィッチーズ 解析
 男の名は、ゼドゥー=ヴァパリア――ヴァパリア黎明結社の首魁である

「さて、全員揃ったことだし、七賢会議を始めようか?」 ――そして、ヴァパリア黎明結社史上、最も大きな意味を持つ会議が幕を開けた

――僕は……こんなの、望んでいなかった

◆【三人称視点】「よっ、起きたか? 勇者(ドレッドノート)さん」「すまないね……ついつい心地良くて寝てしまった」「敵陣のど真ん中で午睡(シエスタ)を取るとか、やっぱり勇者(ドレッドノート)になるような人は違うな」 不気味な紫色の樹木によって構成される森の中で、いつ敵に襲われるかも分からないのに無防備なまま午睡(シエスタ)を取っていた鎧を身につけた男に、武闘家風の男は呆れた表情を浮かべた

 鎧を身につけた男の名はリュート=オルゲルト

 辺境にある「伝説の勇者(ドレッドノート)の聖剣が封印された村」に突如彗星の如く現れ、誰も抜けなかった伝説の勇者(ドレッドノート)の聖剣を抜き、勇者(ドレッドノート)となった

 それまで全くの無名――出自不明の男は聖剣を抜いた者として国から勇者(ドレッドノート)として正式に認められ、その後、残る伝説の勇者(ドレッドノート)の鎧、伝説の勇者(ドレッドノート)の盾、伝説の勇者(ドレッドノート)の兜、伝説の勇者(ドレッドノート)の籠手が眠るという逸話のある場所を巡り、そして全ての伝説の武器や防具を揃え、国の依頼に従って魔王の討伐に乗り出したのである

 武闘家の男グローレン=モリューシュガは、そんな勇者(ドレッドノート)リュートが不意に立ち寄った街で行われていた最強戦士決定戦でリュートと優勝を争った猛者で、リュートの強さに心酔し、以後魔王の討伐を目指してリュートと共に旅をしている

 勇者(ドレッドノート)リュート=オルゲルトは不思議な男だ