スロット 精算 方法

スロット 精算 方法

くそ~、あいつらがやられなければ負けなかったのに!」「師匠だったらこういうよ、『それも含めての訓練だ』って」 ロイドと同じく悔しがるエルクと、冷静に事態を受け止めているセシル

 彼らだけが訓練後も疲れた様子は見せているものの、すぐに復帰して反省会

 レイはあまりの疲労感のせいで会話に加われないでいる

 教養だけではなく、もちろん体力にも自信がレイにはあった

 しかし、本当にたったの一週間足らずで差は縮まったどころか、逆にそれぞれの得意分野では歯が立たなくなっているくらい差が開いたと、レイは感じている

あなたも好きかも:呪術 廻戦 腐 スロット
 こんなはずではなかった

 もちろん自分だって訓練前後で自主的に猛特訓していた――それこそ寝る時間を削って

 それなのになぜ? それだけが疑問でしかなかった

「どうしてあいつらが急成長したのか、お前はわかるか?」「一斗さん……いえ、わかりません

あなたも好きかも:アラジン パチンコ 新宿
あなたから直接指導を受けていたから、という理由ではないとは思うのですが」 今最も話しかけてほしくないけれど、最も話してみたい相手である一斗がいつの間にかレイの後方に立っていた

あなたも好きかも:スロット 今 熱い 台
「そりゃあそうさ

俺はそんな名指導者じゃないからな」「それではなぜ?」 そう、なぜなんだ? レイにはさっぱりわからず混乱している

「なぜか? 正直俺はあいつら自身ではないから、実際のところはわかんねぇ

けどな、あいつらにあって、今のお前たちにないものならわかる

それはわかるか?」「彼らにあって、自分にはないもの……向上心でしょうか?」 そう言ったものの違う感覚があった

 一斗の方はその様子を感じ取ったのか、特にレイの言葉を否定することなく、次の言葉をじっと待ってくれている

「――ごめんなさい