池袋 パチンコ 優良店

池袋 パチンコ 優良店

あなたも好きかも:グランブルー スロット 放置
そう吐き捨てたせいか、これまでの行いが走馬灯のように流れてきたマルチエスは身を守るために防御姿勢を取る

するとドカンっと衝突音が聞こえた

「だ、大丈夫か? マルチエス……」「ディーガル様……ひ、ひいい」ディーガルが妖精王を押さえて庇いに入ったのだ

あなたも好きかも:パチンコ ターミネーター2 プレミア
マルチエスは腰を軽く抜かしたのか、腰を低くして逃げ出す

「この化け物が! 魔物の子の親玉というだけはある! もう二度と……二度と奪わせるものかあっ!」力強く押して払い除けると妖精王はバランスを崩し、後ろにのけぞる

その顔面に向かって――、「むん!」手に持っていた愛用の槍を投げつける

「――オアアアアッ!!?」妖精王は頭に刺さった長槍に痛み、苦しむと、そのまま倒れ込んだ

消沈したのかを恐る恐る確認しながら、側に寄り、槍を引き抜いた

「お、終わったのですか? ディーガル様」「ああ

おそらくな

しかし、ほとんどの部下を殺されてしまった……」辺りにいる部下達は全滅

それにこの樹海ではぐれた者達も無事でいるかは不明である

あなたも好きかも:おそ松さん スロット 6号機
「状況の確認がしたい

マルチエス、すぐに部下を招集しよう

とりあえず出口だ」「……わかりました

時にディーガル様?」「なんだ?」「今回はエルフに粛清を与えましたが、次回は獣人共ですよね?」「愚問だな