パチンコ 北斗 の 拳 百 烈 裏 ボタン

パチンコ 北斗 の 拳 百 烈 裏 ボタン

アルビオに至っては生まれただけなのに、災厄の子として扱う人間がいるのは、さぞ悲しいことだろう

 その彼も表情が暗い

あなたも好きかも:パチスロ 高射幸性遊技機リスト
おそらく殿下に守られながらも色々と思うところがあるのだろう

「それで何で私が話相手なんです? この様子を見ると殿下がお話相手だったように見えますが?」「さっきも言ったがお前は二属性持ちである

同じような境遇同士、私とは違う観点から話が出来るのではないかと考えたのだ」「でも、六属性と二属性持ちはだいぶ違いますが……」 相談相手にならないのではと話すとハイドラスは少し驚いた表情を見せる

あなたも好きかも:花の掲示 パチンコ
「……お前、それは本気で言っているのか? そもそも複数の属性を持つ事自体が稀なのだ」 それは前にも少し聞いたがそんなになのか

 俺は納得いかないような不思議そうな感じで首を傾げる

あなたも好きかも:スーパーブラックジャック スロット 初代
「お前もその才覚に色々と苦労したのではないのか?自分以外は全員、複数の属性持ちではなかったのだろう?」 確かにリリアの遺書から当時の事を想像してみても複数持ちはいなかったように感じる

「なら、それなりに人間関係に悩んだりもしたのではないか?」 そういう妬みとかからだろうな

リリアは実際それに潰されて、最終的には最悪の選択をした訳だが

「つまり、珍しくも似た境遇持ち同士の方がいいって事ですね?」「そういう事だ

たまにでいい、話相手になってはくれないだろうか」 事情は大体わかった

つまりはこうだ

 アルビオは勇者と似た、恵まれた力を持って生まれたが、その力によって過度な期待と過度な言いがかりからプレッシャーをかけられている

似た境遇の俺に相談相手になってほしいとのことか

「わかりました

まあ友達が出来たと思えば……」「そう言ってくれるとありがたい

勿論、君達もだよ」 ハイドラスはアイシア達にもお願いする

「わかりました! 勇者の末裔さんと友達になれる機会なんてないからね!」「はい、色々とお辛いこともあったでしょうから、出来る範囲であれば……」「ん……」 三人とも同意とのこと