イケメン パチンコ店

イケメン パチンコ店

彼がどんなものを切り出してくるかによっては、それを調べる為にも、やはりアルテアの手があった方がいいだろう…………」そんなことを考えていたのかとまじまじと見てしまうと、ディノは少しだけ悲しくなったのか、お友達自慢を始めた

「………アルテアは、確かに人間から見れば危ういところもあるだろうが、君のことは大事にしているのだと思う

………それと、私より彼の方が、………器用で色々なことを知っているからね………」(あらあら…………)すっかり何かを誤解している魔物がもわもわする姿は、どこか稚く、純粋で可愛く見えた

悪い人間がにこにこしてそんな釈明を聞いていると、困ってしまった魔物は悲しげに目を瞠ってこちらを見る

ネアが微笑んで頷くと、それがどういうことなのか分からずにディノは無防備に首を傾げた

「ネア…………?」「ふふ

あなたも好きかも:敦賀 駅 パチンコ
ディノは、アルテアさんのことまで心配してしまうのですね

であれば、私はアルテアさんと契約するのは嫌ではありませんでしたし、危ないからと我慢もしていませんよ?ただ、契約というもので増やしてしまった助けではあるので、ディノが寂しかったり悲しかったりしているのでは思うと、とても心配だったのです」それは意外な返答であったらしい

ディノは目を瞠ると、ふるふると首を振った

「君が嫌でなければ、私は構わないよ

…………アルテアが君に様々なものを与えられることは知っているし、見知った者の助力として、私は彼であれば問題はないだろうと思う」「ディノは、お友達としてアルテアさんを買ってもいるのですね」「それだけではないんだ

あなたも好きかも:川越 スロット 凱旋
………もしこれがウィリアムとなると、やはり彼の持つ終焉の要素が少し危うくはある

そう考えると、アルテアは私には出来ないことを出来るし、契約を交わしても、その資質で君を損なうことはない魔物だからね」そう言いながら、ディノはネアの頬に手を添えてしっかりと瞳を覗き込んだ

目を瞠って首を傾げると、真剣な眼差しがほっとしたように緩んだので、どうやらご主人様が我慢していないかどうかを確かめていたらしい

「ふふ、ディノは心配症の優しい魔物ですね」「…………君があんな風に泣いてしまうのは、初めて見たから」泣かせてしまったネアを見て、胸が潰れそうになったのだと、ディノは二人が仲直りした日に教えてくれた

許して貰おうとネアの大好きなムグリスディノになったのに、ダリルが言うように可愛い小花柄にしてもまるで喜ばなかったネアを見た時、もうこのまま森に捨てられてしまうのだろうかと、とてもとても怖くなったらしい

だから、とディノは思ったらしい

その後に使い魔を解雇される程にネアを怒らせたアルテアは、それまでの二人の関係が悪くはなかったからこそ、そのくらいにネアを傷付けてしまったのだろうかと