スロット ア

スロット ア

その最たる手がかりが「タイトル」なのです

 またレーベルにもよりますが、「紙の書籍」の裏表紙に「あらすじ」が書いてあります

あなたも好きかも:パチンコ 大金
タイトルとともにそれを読むことで購買意欲を高めるのです

あなたも好きかも:麻雀物語 パチンコ 初代
閲覧数を増やすあらすじの書き方 ベストな「タイトル」を付けたとしても、「あらすじ」「キャプション」が残念では、あなたの作品はクリックされません

あなたも好きかも:旭川 スロット
 ではクリックされて閲覧数(PV)が増える「あらすじ」「キャプション」はどう書けばいいのでしょうか

『小説家になろう』の「あらすじ」は1000字まで書けますが、そんなに長く書いてしまうと、読み手が「あらすじ」だけで満足してしまい、クリックされなくなります

 できれば200字以内に限定してみましょう

「あらすじ」に書くのは「どんな主人公がどういう状況にあるのか」

それを主人公に語らせればキャラ立てもできます

 まず本文が「一人称視点」で書かれている場合、「あらすじ」「キャプション」も「一人称視点」を交えて書きましょう

 主人公がどんな人物でどういう状況にあるのか

それを主人公に語らせます

 そのうえで主人公がどうなる物語であるのかを「三人称視点」で追記しましょう

 No.1ホストのように意中の異性と仲良くなるお話(恋愛小説)、紀伊國屋文左衛門氏のように立身出世していくお話(文芸小説)、ナポレオン・ボナパルト氏や宮本武蔵氏のように敵と戦うお話(戦争小説・バトル小説・アクション小説)など、主人公がどうなる物語なのかを端的に書けば、そういう小説を読みたい読み手は必ずクリックしてくれます

 だからといって「宮本武蔵のように敵と戦う物語です

」では芸がありません