上司 プレゼント バカラ

上司 プレゼント バカラ

「……」「……勝ったんですか?」「みたいだな」 どこか納得いかない様子の優勝ペアだが、「シドニエ、ごめん! 大丈夫?」 俺はシドニエに負担をかけ過ぎたと、心配で側に寄る

「まったくお前はコイツに何をしたのだ?」「え、えっと……」 酷く疲労したシドニエを見て要因を尋ねられた

 おそらく原因は、リアクション・アンサーによる過度な能力使用

 肉体的、精神的にもかなり負担がかかったものと思われる

どちらかと言えば肉体的疲労が大きいようだ

「付与魔法の負担……かなと……」 するとカルバスは呆れたため息とともに注意喚起を促す

「いいか? 他属性ならともかく、闇属性の付与魔法はデメリットも多い

あなたも好きかも:パチンコ マーチひたちなか
……先程の試合を観る限りでは呪い系ではないようだが、コイツ自身も身体が出来ていない

あなたも好きかも:まるたま ぱちんこ
もう少し気遣ってやれ」「は、はい……」 すると、それを聞いていたのか、「先生……」「シドニエ!」 かすれたような疲労感漂う声で、話しかけてきた

あなたも好きかも:三宮 パチンコ おすすめ
「シドニエ、ごめん

つい夢中になってアルビオ達と……」「その気持ちは、僕も同じです

……不思議でした……楽しかったんです」 するとアルビオ達も駆け寄ってきた

「ずっと出来ないって言われていた僕が……ここまで戦えたのは、きっとオルヴェールさんのお陰です

そして戦ってくれたお二人のお陰です

……ありがとう」 シドニエは認めさせて、証明できたことを初めて口にした

 引っ込み思案なシドニエが達成感を口にすること……これはシドニエにとって大きな一歩となったことだろう

 アルビオはそんな彼を認めるかのように、手を差し伸べる

君と戦えて良かった」「……!」 するとおぶってあげると背中を丸めて見せた

 シドニエは特に恥ずかしがることもなく、ゆっくりとアルビオの背中に身を預けると、出入り口へと向かった