パチンコ 巨人の星 甘 設定示唆

パチンコ 巨人の星 甘 設定示唆

 またセイチュンに関わることになりそうで、驚きのほうがあった

「それにしても、セイチュンですか

あなたも好きかも:スロット いのき
・・・・・・今度はどんな神具ですか?」「一応、剣らしいですな」 その微妙ないいように、考助が戸惑ったような顔になった

「らしい?」「使っている当人は、神官のお墨付きも得たと堂々と宣言しているのですが、どうにも神具にしては『弱い』らしいのですよ」「あ~、なるほど」 一言でいえば、当人だけが一生懸命宣伝していて、周りの者たちは偽物だと思っているということだ

あなたも好きかも:パチンコ 勝つ人の立ち回り
 それだけならよくある話ですむのだが、ジゼルがただの戯言ではないと判断したのにはわけがある

「普通であれば、ただの詐欺で済ますのですが、時期が時期ですので何かあるかときちんと調べさせたところ、中々面白い事実が出てきましてな」「へえ? というと?」「男が吹聴している神官にきちんと調べてもらったというのは、どうやら本当のことのようです」 ジゼルがこの噂を見つけてから考助のところに知らせるのに多少時間がかかったのは、そのことを調べるためだった

 調査したうえでその話が本当だと分かったため、考助に知らせることにしたのだ

「なるほど

弱い剣、ですか」「勿論、神具としては弱い、というだけであって、普通の魔道具としてみれば、かなりの強さがあるらしいです」 神殿や各国の国宝として所持されている武器防具の神具は、それこそその名にふさわしい力がある

あなたも好きかも:太宰府市 パチンコ バイト
 噂となっている神具は、それらに比べればかなり力が落ちるというだけで、通常の魔道具と比べれば、かなりの性能なのだ

 武器の神具としては微妙すぎる性能のため、神殿にも取られることなく、結果としてその男が使い続けている

 ちなみに、周囲の反応はほとんどが男の法螺だと思っている

 勿論、中には神具だとわかっている者もいるが、その性能故に手出しをしていないというのが実情だった

 付け加えれば、男のうさん臭さが手出しをためらわせているという情けない(?)現実もあったりする

「神殿も今は静観していますが、何れは手出しをするかもしれません

まあ、使っている男が噂通りなら、金で手放すこともあるだろうと目論んでいる、といったところでしょうか」「なるほど、そういうことですか」 武器の神具としては弱いために争奪戦には至っていないというのが何とも言えないところだ