大子町 ぱちんこ

大子町 ぱちんこ

 そんな話はまあいいとして、魔女の部屋に入る公也

あなたも好きかも:向島 パチンコ店
魔女の部屋は特にこれといってそこまで魔女っぽい雰囲気はなく、一般的な女性の私室に本やらなにやら少し魔女っぽい物が置いてあったりするくらい

まあ多少作業したりすることもあるが基本は私室ということなのだろう

魔女は椅子に座り机越しに公也に対している

「何か用事かしら? 一応そちらの頼みを聞くのは先の探しものの捜索で等価という扱いになるけど

あなたも好きかも:コードギアス パチンコ 新台 やめどき
ここでの魔法に使用やその手助けに近いものは別にしても、あまりこちらも何でも聞き入れることができるわけではないわよ」「その件は感謝する、どっちに関しても

あなたも好きかも:スロット 業界終了
用事……頼み事、というほどでもないが……まあ、頼み事といえば頼み事か

別に何かしてほしいとかそういうことでもないんだが……いや、そういうことにはなるのか?」「簡潔に、はっきりと何なのか言ってくれない?」「魔女と魔法に関して話したいという人物がいる

その人物と話せる魔法陣を刻んだ遠話の魔法道具を用意した

そちらに話す気があるなら受け取って彼女と対話してほしいんだが……」「いいわよ」「いいのか」 魔女はあっさりと公也の話を受け入れる

一応魔法に関する話をする、そもそも異空間にあるこの地と別の地を結ぶ魔法的な中継、連絡機となる物で場合によっては何か危険もあり得るのだが割とすんなり魔女はその話を受け入れる

「魔法について聞きたい、話したいというのは珍しいしこちらもいつもずっと一人でいるのも寂しいものよ

誰かと話をできるというのはありがたいわ」「ならこんなところにいなくてもいい物かと思うが……」「それはそれ、という話ね

こちらも身の安全のための都合があるのよ

一応私は人とは違う存在だから場合によっては命の危険もある

対策は取っておくべきね」「それなら魔法陣を受け入れるのもどうかと思うが……」「見せてみなさい