行橋市 パチンコ ゾーン

行橋市 パチンコ ゾーン

さらに近付くと、その顔も見える

美しい亜麻色の髪と瞳を持つ、二十歳前後と思われる女性だった

「えっと…待っていたって…?」 どうしてこの女の人が自分を…?と一瞬悩んだが…すぐにその理由について思いが至った

「えっと、もしかして…中型亜竜《サラマンダー》に襲われていた女の人?」「はい」 先ほど中型亜竜《サラマンダー》に襲わた所を椿とボゥホートが助け出した女性だった

彼女は椿に視線を向けて、「ツバキさん、ありがとうございました

おかげで命を救われました

…心からお礼を申し上げます」「いえ…僕は、大して役に立てませんでしたから…

あなたも好きかも:スロット 打ち始め
実際に助けたのは、ボゥホートさんですし…」「はい、勿論、そちらの騎士様にも感謝しております

…ボゥホート様、とおっしゃられるのですか?」 女性は、今度はボゥホートに視線を向ける

あなたも好きかも:パチンコ 禁止用語
「はい、私《わたくし》の名はボゥホート・ネヴィルと申します」「ボゥホート様…あなたにも心からの感謝を申し上げます

…ありがとうございました」「いやあ、騎士として当然の事をしたまでであります

あなたも好きかも:牙狼 魔界ノ花 パチンコ タイムストック完了
それに…ツバキ殿が中型亜竜《サラマンダー》の注意を引きつけていてくれたお陰で上手くいったのです

やはり、ツバキ殿のお力による所が大きいと私《わたくし》は思いますね」「はい…本当に、ツバキさんには感謝してもしきれません」 そう言って、女性は椿の手を取る

「本当にありがとうございます

…二度も私の命を救ってくださって」「二度…?」 いったいどういう意味だろう…と、椿は首を傾げた

「覚えていませんか?ヌガザ城砦で…一度お会いした事を」「ヌガザ城砦…?」 もちろん、城砦で行われた戦いの事は覚えている――忘れられる訳がない

その記憶の糸を辿る

あの戦いで顔を合わせた女性と言えば…エレオノール、エマ…後は…