パチスロ 攻 殻 機動 隊 終了 画面

パチスロ 攻 殻 機動 隊 終了 画面

19歳で軍工科学校に入り21歳で卒業(席次は107人中66番という平凡な成績でした)、そのままメッスの軍砲術工科大学へ進み23歳で晴れて工兵少尉として任官、パリ東の外堡ノジャン要塞勤務から軍歴をスタートさせました

27歳で大尉に昇進したファレは南仏リヨンの要塞勤務を経てアルジェリア植民地へ異動、灼熱の植民地で部族の反乱鎮圧などを経験し鍛えられます

続けてイタリア独立戦争に従軍、少佐に昇進しそのまま半島に残り教皇領で長らく工兵隊を率いました

その後仏本土に帰ったファレは、ル・アーヴル、トゥーロン要塞の工兵指揮官などを歴任、ローマに戻って52歳で大佐となります

普仏戦争が始まるとバゼーヌ軍配下となりメッス籠城に加わりますが降伏後に脱走、トゥールに至ると仏ノール県に派遣されて、創設期の北部軍を掌握すると10月末准将に昇進しブルバキ将軍の下で参謀長となるのです

 この総司令官不在の中、仏軍にとっては運の悪いことに東方から強力なマントイフェル軍が現れ、サン=カンタンを威嚇しつつラ・フェールを包囲し、オワーズ川を越えるとアミアンに迫ったのです

アミアンの戦い 部落を行く仏軍☆ 11月27日・普軍中翼/第15師団の戦闘 普第8軍団長アウグスト・カール・フリードリヒ・クリスチャン・フォン・ゲーベン歩兵大将はマントイフェル将軍の命令に従い26日夜、翌27日の命令(前進目標地の指定)を麾下に下します

あなたも好きかも:パチスロ 化け物が足り
それによれば、普第15師団は1個旅団をアヴルとノワイエ両河川合流点のフアンカンからエストレ(=シュル=ノワイエ

フアンカンの南西7キロ)間に、1個旅団をサン=アン=アミエノワ(同西6.3キロ)とその周辺に、それぞれ宿営させるよう命じられ、普第16師団は宿営地の「北限」としてルミニー(アミエノワの西南西3キロ)からセル河畔のプラシー(=ビュイヨン

ルミニーの西4.5キロ)を指定され、「状況如何では」それをデュリー(アミアンの南南西5.9キロ)まで進めても構わない、とするのです

また、同師団には別に「左翼(西)支隊」を設けてセル上流エヴォワッソン川との合流点コンティ(プラシーの南西9.6キロ)方面を警戒するよう命じます

軍団砲兵隊はグラットパンシュとオレスモー(アミネノワから南南西へそれぞれ3.8キロと6.5キロ)を宿営地とするよう命令されました

 これを見てもマントイフェル将軍とゲーベン将軍は2日後の28日にアミアン総攻撃を目論み、前日の27日は警戒しつつ攻撃発起点まで前進するだけと考えており、この「アミアンの戦い」は正に遭遇戦だったことが分かります