パチンコ 打ち子とは

パチンコ 打ち子とは

 本来であれば、先輩たちにどやされながら現地で色々なことを覚えていくのだが、そうしたことがすっぽりと抜けているのである

 早い話がリクのパーティメンバーは、怒られ慣れしていないのだ

 リクは、管理層に行けば、考助を始めとして女性陣にも色々と言われまくっているので慣れている

あなたも好きかも:コードギアス 反逆のルルーシュ スロット
 だが、パーティメンバーたちは、本格的に注意されるというのが、何気に初めてだったりするのだった

 そうした事情をリクの顔から察したシュレインは、再びため息を吐いた

「・・・・・・久しぶりの冒険を楽しみにしておったのじゃが、なにやら上手く利用されてしまったようじゃの」「ははは

あなたも好きかも:内田茂 パチンコ
いや、そんなことはないって

まさか、初っ端からあんなことになるとは思っていなかったし」 仲間たちがココロの様子に気を取られていたのも、それについて話込み過ぎていたのも、リクにとっては予想外だったのだ

 そのお陰で、シュレインの前でパーティの弱点(?)が露呈されたのだから、最初からシュレインを利用しようと思っていたわけではない

「まあ、いいがの

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ 止め打ち
・・・・・・ココロ、お主は気にせず今まで通り行動していいからの」「えっ!? あ、はい!」 自分のせいでパーティが乱されていたことがわかっていたココロは、少し自重しようかと考えていたのだが、それをシュレインはあっさりと見破った

 その上で、先ほどまでと同じく行動するように言われたのだから、ココロとしても反論のしようが無かった

 ついでに、シュレインとしては別の思惑もある

「言っておくが、ココロの修業も兼ねておるんじゃからの? シルヴィアによろしく頼むと言われておるし」「そ、そうでした!」 すっかりそのことを忘れていたココロは、ようやくそのことを思い出した

「敢えて意地悪くいうが、こんな空気の中でいつも通りの力が発揮できるのか、ちゃんとシルヴィアには伝えるからの」「は、はい!」「・・・・・・それはいいんじゃが、なんというか、ただの意地悪婆になったような気分だの」 そうぼやくように言ったシュレインに、リクの言わなくてもいい一言がさく裂した

「ような、じゃなく、十分・・・・・・あ、いてっ!!」 拳という肉体言語で言葉を止めらせられたリクを見て、ようやく一同の間に笑顔が生まれるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ シュレインとリクのやり取りで、いつも通りの雰囲気を取り戻した一行は、本来の目的である討伐依頼のモンスターを探し始めた