富山 パチンコ おすすめ

富山 パチンコ おすすめ

こちらは返却する」 ハイスヒッツェにフェルディナンドが笑顔のまま、青いマントをハイスヒッツェの手に握らせた

「フェルディナンド様、これは……」 呆然とした顔で、自分の手に戻って来た青いマントとフェルディナンドを見比べるハイスヒッツェは、神殿に入る時は返却されなかったマントをわざわざ返される意味に気付いたのではないだろうか

あなたも好きかも:パチンコ ホラー系
「よかったな

大事なマントが戻ってきて」「奥方もさぞ喜ぶだろう」 ダンケルフェルガーの騎士達がハイスヒッツェの肩を叩きながら笑った

あなたも好きかも:北九州 スロット 特定日
きっとハイスヒッツェの背後から肩を叩いている騎士達には多分血の気の引いた顔が見えていない

周囲に「よかった」と言われて強張っているハイスヒッツェに、フェルディナンドがフッと笑みを向ける

「長年奪われていた大事なマントが戻って来たのだ

もう少し喜んではどうだ、ハイスヒッツェ?」 笑顔とは逆にひどくひやりとした声は、まるで「婚約を祝ったように喜んでみせろ」という命令に聞こえた

冷たい声の主を一度見たハイスヒッツェは俯いてマントを強く握った後、ぎこちない笑みを浮かべる

「まさかフェルディナンド様からこのマントが返ってくると思いませんでした

妻も喜ぶでしょう」 図らずも最悪の状況に追い込む手伝いをしたことを悟ったハイスヒッツェと、謝罪することも許さずに喜んで見せることを強いるフェルディナンドの間にするりと割って入る者がいた

「あら、何故その方の大事なマントをフェルディナンド様が持っていらしたのかしら?」 緊迫した空気を全く読む気がないディートリンデは興味深そうに目を輝かせながらハイスヒッツェを見上げると、周囲の騎士達が先を争うようにして事の発端を話し始めた

「……というわけで、貴族院時代よりずっとハイスヒッツェはマントを取り戻そうと挑んでいたのです」「まぁ! 奥方になられる方のマントを取り上げるなんて、なんてひどいのでしょう! わたくし、フェルディナンド様がそのように冷酷な方だとは思いませんでしたわ」 からかい口調の騎士達の話を真に受けて詰り始めたディートリンデに、騎士達の方が驚きに息を呑んで顔を見合わせる