おぼっちゃまくん パチンコ

おぼっちゃまくん パチンコ

あなたも好きかも:まどマギ スロット 実機
私の部下というのかは分からないが、幻獣の国(この国)の幹部が居る街だ』「"カトル・ルピエ"……!」 "カトル・ルピエ"

あなたも好きかも:pdt スロット
それがこの街の名とドラゴンは言い放った

 話を聞くに、必ずこの街に幹部は居ると言う

しかし、幹部は外の世界へ行く事もあるのでこの街に"今"居るかは分からない

 だが何はともあれ、手掛かりが無いよりはマシだろう

今現在、現在位置のこの時間、この街に幹部が居るか居ないか、たったそれだけ、その程度の違いである

 そもそもこの街に来た理由は幹部と話を終わらせ、この街に棲む幻獣たちの避難と幹部も戦闘員として戦争に参加する交渉

 居ても居なくとも、国の為にドラゴンはその幹部を探すだけである

「えーと……支配者さんは幹部の居場所を知っているのかしら……? 私の知る限り、幹部は割りと自由だし……」 それを踏まえ、もしいなかった場合に幹部が何処へ行くのか知っているかどうかと尋ねるシター

 幹部を探すにしても、居場所に心当たりが無くては意味がない

 それについてどうなのか気になったのである

あなたも好きかも:野田 パチンコ屋
『ふふ、大丈夫だ

気配で分かる……幹部は他の幻獣より大きな気配を持つからな……存在感とでも言うべきか……』「ふぅん? なら大丈夫そうね……」 ドラゴンは、幹部についてならば気配を感じれば分かると告げた

それに対し、少し不安ながらも頷いて返すシター

「でもそれって……支配者さんも気配が大きいって事だから……敵に見つからないように飛んでいたとしてもバレちゃっていたりするかも……」『うむ……可能性はあるな……』 唐突に、それを聞いていたレイが悩ましげな表情でシターやドラゴンに向けて話す

 その言葉に低く唸り、少し考えるドラゴン

 それもその筈

気配を感じるには見えても見えなくとも関係無い事なのだから

 実力者にはその気配が分かってしまうだろう