パチスロ 呪 怨

パチスロ 呪 怨

あなたも好きかも:エレクトロニックダンス ブラックジャック
中には片腕や片足を失い、未だに出血している負傷兵も見受けられたが、そのような負傷兵も全く手当てされていなかった

出血していたり、内臓が露出しているにもかかわらず無表情のまま撤退してきたのである

 彼女たちには痛覚がないのだ

 仮に砲弾の爆発で身体中の肉を捥ぎ取られたとしても、彼女たちは無表情のまま戦闘を継続する事ができるのである

それに自我や感情もないため、敵の機関銃が立て続けに弾幕を張ってきたり、すぐ近くで味方が頭を吹き飛ばされて無残に殺されても、精神を病む恐れもない

そもそも”恐怖”という概念すら彼女たちには与えられていないのだから、自分たちが劣勢だろうと敵に突っ込む事ができるのである

あなたも好きかも:パチンコ ガム玉
 もちろん、そんな事をすれば甚大な損害を被ることになる

あなたも好きかも:カイジ パチンコ 新台 ゆうタイム
実際に今まで実施された攻勢ではこちらはかなり大きな損害を被り続けていた

普通の人間の兵士で構成された普通の軍隊ならば、とっくに壊滅して機能を停止してしまうほどの損害である

 けれどもこのホムンクルスたちはいくらでも”補充”できる

敵の攻撃でホムンクルスが一網打尽にされたとしても、すぐに損害と同等の兵士を用意して、戦線に投入することが可能なのだ

しかも自我や痛覚がないので、敵の攻撃で死ぬことを恐れることはないし、絶対に精神を病まない

だからそういう事に配慮する必要が全くないという強みがある

 それに、彼女たちは鹵獲される恐れがある場合や、手持ちの武器で攻撃が通じない場合には自爆するようにプログラムされているのだ

「ナガト様」「なんだ」 撤退してくるホムンクルスたちを眺めていると、後ろにいたホムンクルスが声をかけてきた

先ほど、輪廻が送ってくれた増援部隊の兵士だ

「なぜ攻撃部隊を撤退させたのですか?」「あのまま攻撃を継続していれば全滅したに違いない

だから生き残った奴らを撤退させ、増援部隊と合流させた」 そう答えると、質問してきたホムンクルスは無表情を維持したまま淡々と言った