ブラックジャック ノーホール

ブラックジャック ノーホール

 メルグ=オセルの穏やかで慇懃な口調や仕草は、サルグ=オセルよりも余程親しみやすく、エリナもすぐに打ち解けていった

(二君子の素行調査概要……ねえ) ミリュウは、セルクから受け取った資料を何度となく見返していた

あなたも好きかも:新宮 パチンコ ジャンボ
紙の資料に記された文字は、当然、大陸共通語だ

アガタラのウィレドたちは、大陸共通語を公用語としており、ウィレド本来の言語は、彼らにとっての古代語として扱われているという話を聞いている

この世界で生きていくための選択だということだが、なにもそこまで人間に迎合しなくても良かったのではないか、と思わなくはない

とはいえ、彼らが共通語を自在に操れたからこそ、ミリュウたちと種族を超えた交流を行うことができたのであり、その結果、大君マルガ=アスルの意識を取り戻すことができたといえるのだ

結果的には、それが正しかった、といってもいいのかもしれない

あなたも好きかも:スロット 天下布武4 ボーナス準備中
 それはともかくとして、共通語で作られた資料には、セルクの部下が秘密裏に調査した二君子のここ一ヶ月余りの行動が詳細に記載されている

日々、二君子がどのような生活を送り、言動をしているのか、資料に目を通せばそれだけで理解できるくらいの情報量だ

あなたも好きかも:アインズウルゴウン スロット
二君子のひととなりまで把握できるといっても言い過ぎではないだろう

 武を重んじ、武力を磨くことこそがアガタラに必要不可欠と考えるサルグ=オセル

彼は、白風丘に居を構え、白剛衆と呼称する戦闘集団とともに日夜激しい訓練を繰り返しているという

温厚なウィレドの多いアガタラにおいては、極めてめずらしい価値観の持ち主であるといえるが、国土を外敵から護るために武力を求めるというのは当然の話ではある

 一方のメルグ=オセルは、サルグ=オセルとは正反対に近い性格の持ち主のようだ

詩歌を愛する彼は、青流河の中洲に屋敷を持ち、青凛衆と呼称する集団とともに風雅の中に生きているという

争いを好まず、天然自然の穏やかさの中にアガタラの在り様を求める彼の考え方は、アガタラ国民の多くが同調するに違いない