学園黙示録 highschool of the dead スロット 天井

学園黙示録 highschool of the dead スロット 天井

そう、彼らは吸血鬼と戦うための”準備”をしていたのである

 だからこそ、勝つには準備が必要だと考えたのだ

プライドを滅茶苦茶にされた怒りはその時にぶつければいいのだから

 しかし―――――――彼女たちは、アレクセイを逃がしてはくれなかった

「―――――――どこに行くつもり?」 もう少しで路地から抜け出せると思ったその時、路地の出口でハンドガンを手にしながら待ち構えていた少女が姿を現した

サプレッサーが装着されたPL-14を傷だらけのアレクセイに向けている少女は、彼が憎悪を叩きつけるべき敵の1人である

しかし、今は太刀打ちできないのは明白だった

あなたも好きかも:パチンコ リング 運命 の 日 裏 ボタン
 片腕を失い、片足もほとんど動かない

右腕まで使い物にならなくなってしまったのだから、身体能力も生かせない

このままでは銀の弾丸で嬲り殺しにされるのが関の山である

 後ろへと引き返そうと思ったアレクセイであったが、彼の背後にはもう既に、幾重にも水銀の糸が張られていた

そのまま走って突っ込めば瞬く間に八つ裂きにされてしまうほどの数の糸が、びっしりと配置されているのである

あなたも好きかも:所沢駅 パチンコ
「ははははははっ……………」 もう逃げられないと思った瞬間、今まで怒りの伝播を阻んでいた痛みが―――――――消えた

 そしてホワイト・クロックまで撤退しようと思っていた考えも、同じように消えた

 今ここで一致報いるべきだという考えが、アレクセイの中で急激に膨れ上がる

あんな小娘に無様に敗北した事を仲間に笑われるよりも、ここで最後の攻撃を仕掛けるべきだと、彼は考え始めていた

 PL-14を向けていたノエルも、アレクセイがニヤリと笑ったことに違和感を感じていた

今まで本拠地まで撤退しようとしていたというのに、まるで逃げることを諦めたかのように笑ったのである