gate スロット 評価

gate スロット 評価

「それは勿論、母上の素晴らしい舞を見たので、そのねぎらいです」 子供たちを代表してトワが答えた

あなたも好きかも:パチンコ 単発とは
「な、なに!?」 フローリアは驚いた表情を浮かべて、すぐに考助たちの顔を見た

 実は、フローリアには、考助たちが舞を見に来ることは知っていたが、子供たちが見に来ていたことまでは知らされていなかったのだ

 考助を始めとしてシルヴィアたちがニヤニヤとした顔をしているのを見て、フローリアはようやく事情を察した

「そ、そういうことか・・・・・・」 自分の舞を子供たちに見られたことに、どう反応していいのかわからず、フローリアは複雑な表情を浮かべる

あなたも好きかも:スロット まどマギ2 設定差
 そんなフローリアに対して、ミアが怒ったような顔になった

あなたも好きかも:テラフォーマーズ パチンコ 曲
「母上! あんな素晴らしい舞が踊れるのに、どうして黙っていたんですか!?」「み、ミア?」 ミアの剣幕に、戸惑った表情を浮かべてフローリアが少しだけ後ずさる

「いや、しかし私の舞は、あくまでも個人のレベルで・・・・・・」 大したものではないと続けようとしたフローリアを見て、子供たち三人が盛大なため息をついた

 三者三様に呆れたような表情を浮かべたあと、トワが代表してアレクを見る

「・・・・・・お爺様

これが、お爺様の教育の結果ですか?」「うっ!?」 矛先が自分に向けられたアレクは、一瞬言葉を詰まらせたあとに、慌てて言い訳を開始した

「いや、マテ! 確かにそうだが、あのときは事情が事情だけに表に出すわけには・・・・・・!」「そうかもしれませんが、少なくとも母上本人にはきちんと知らせるべきだったのでは?」「ぐぐっ!」 ミアの追撃に、アレクが完全に撃沈した

 そのアレクを見て、ソニアが苦笑しながらフォローした

「トワもミアもそんなにお爺様を責めないで上げて

幼かったフローリアが下手なことを言い出さないように、わざとそうしたのよ」「それはまあ、分かりますが、そのまま放置したのはどう考えても失敗だったと思われます」 ソニアの言う通り、小さいころであれば、どこでどんなことを口走るかわからない

 そのために、本人に舞の実力を隠しておくことには意味がある

 だが、成長してからもそのままの状態というのは、今のフローリアのようにおかしな状態になってしまうのだ