スロット 防音

スロット 防音

とモニター越しに耳を欹てる

「まだ癒えてはおりませぬ

あなたも好きかも:パチスロ 大工 の
今だから言えますが あの化け物の体内に隠されたナホン神器を どうしても欲しいと言う、とあるナホンの貴人からのご依頼でしてな」「初耳です

その御仁はまだ諦めてはおらぬのですか?」「そうですな

四方手を尽しておるようですが 悉く失敗しているようですな」「ふむぅ……興味深いですな」キャシーはそれっぽく低い声で、唸ってみせる

「その件については、いずれ正式に依頼があれば いくらでも朝廷にご協力いたします」「その時は、よろしくお願いします」モニター越しに見ている俺の背後のパンタクローが「そうか

あなたも好きかも:ドンキー パチンコ屋
つまり、そのハチマタのオローに受けた爪傷と 呪いが何か関係あるんだな」「ハチマタのオローと言えば、確か、クスユウで ネコマが知り合いだとか言っていた気がするな」「ネコマさんとは?」モモカが尋ねて、パンタクローが後ろから「ふーん、ネコミミ少年の親戚のおばさんか 光神の化身の猫又とはまた、へんな知り合いがいるもんだな」代わりに解説してくれる

「そうだったのですか……」俺たちは再び、モニターの中の映像を見る

画面では目の前のヒャクが再び狐の仮面を付け直し「……話し疲れました

では、失礼いたしまする

 アマリ・モモカに関する調査は自由に行いください

 申し付けておきます