戦国basara パチンコ リミットブレイク

戦国basara パチンコ リミットブレイク

「ああ、弓花にジンライさん

ごめん、集中してた」 ようやく意識がこちら側に戻ってきた風音はそう言って弓花とジンライに謝る

「いや、そっちのことはワシには分からんしな

あなたも好きかも:レイブンズ パチンコ
気にするな」「分かった」 風音は頷く

「それでそっちのほうはどうだったの? 何か収穫はあった?」 まずは必要なのは情報だ

「そうだな

あなたも好きかも:タカラ 田辺 パチンコ
まずティアラ様がさらわれたという情報はどうも伏せられているようだが、兵たちは総動員で捜索に当てられているらしい」「まあ、想定通りだね」「うむ

関所までの街での捜査は芳しくなく、未だ証拠一つ上がっていないと聞いた」「やたら具体的だね

それは兵隊さんにでも直接聞いたのかな?」 その風音の疑問に答えたのは弓花だった

「寄った先の街の酒場でね

兵たちがべらべらとしゃべってたのを横で聞いただけよ

『我こそが救い出し姫の騎士となるのだ〜』とか叫んでたわ」「あらあら

あなたも好きかも:バイオショック プラスミド スロット
わたくしの騎士様はもうおりますのに」 と口にしたのはいつのまにやらまた風音に抱きついているティアラ

「私たちの時は兎も角、ティアラをさらった連中は普通に関所まで通ってたはずなんだけどね」 そしてまんまと関所を越えたところでオーガに襲われたはずだった

「よほど腕の良い連中だったのだろうよ」 ジンライはそう口にする

オーガにやられたのは装備のせいもあるとジンライは見ていた