パチンコ うる星やつら 曲

パチンコ うる星やつら 曲

「ふふふ……それはいつか必要になると思うさねぇ……

お友達と一緒に見なさんなぁ……『ライ・セイブルちゃん』……」 聞いた事のあるような言い回し

老婆はそれだけ言い、店の中へ消えていく

あなたも好きかも:突破型 パチンコ
「え!? いや、ちょっと……!」 ライはその言い回しに疑問を覚え、ライは老婆の後を追ってその店に入る

 その後に続くよう、レイとキュリテも訝しげな表情をしながらライの方へと着いて行く

「「「………………え?」」」 ──そして、そこには『店など無くなって』おり、誰もおらず崩れ掛けの建物のみがあった

あなたも好きかも:チェリー ポップ
「……! まさか……!」 流石にこれはおかしいと外に出るライたちだが、そこには先程のような古い店の形さえ無くなっており、ただの空き地

あなたも好きかも:オンラインカジノ 賭博法
大昔に何かがあったかのような跡地のみが残っていた

「……これは……」「幻術……?」「……いや……」 レイ、キュリテ、ライの順番にそれを見て話をし、レイとキュリテは敵の仕業と推測する

 しかしライは、そんな二人を横に話など耳に入っていないかのように俯《うつむ》いており──「…………ッ」 ──何も言えなくなっていた

「……ライ……?」「……ライ君……?」 その様子に訝しげな表情を浮かべるレイとキュリテ

先程まで元気だったライ

 しかし、今のライは何とも言えぬ表情となっており、生気があるのか無いのかすら分からない状態

「……いや、何でもない……

……何はともあれ、宿の場所を聞けたんだ……

早くそこへ向かおう……

それから街を探索だ……」 ライは顔を上げ、顔を引きつらせながら無理やり笑顔を作って二人へ返す

 このライの反応を見、何でもない訳が無いと考えているような表情のレイとキュリテ

「……レイちゃん……あれって……」「……うん