川崎 スロット ギガ

川崎 スロット ギガ

 甘さを漂わせた、彫りの深い顔立ち

 見上げる程の、鍛え込まれた大きな体

 彼等を見ていると、自分の貧弱さがつくづく分かる

 なんて思っていたら、目の前に一人

 中肉中背、やや猫背

 平凡な顔立ちと、変哲もない髪型

 普通の、どこにでもいそうな男の子

あなたも好きかも:パチンコ 精算 やり方
「……なに」 私の視線を感じたらしく、怪訝そうに顔を向けてくる

「え、どうかした?」 すっとぼける私

 しかし

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 世紀末救世主伝説
「俺には勝った、っていう雰囲気だね」「え?」 う、読まれた

「い、いいじゃない

私だって、たまには優越感に浸ったって」「じゃあ俺は、いつ浸ればいいんだ」「さあ

一生無理かも」 慰めもせず、ヘヘッと笑う

 向こうも、虚しそうに笑う

「……柳君と、体入れ替わらないかな」 ぽつりと下らない事を洩らすケイ

 入れ替わるだ? すると、柳君の顔にケイの心