長門 パチンコ ダイナム バイト

長門 パチンコ ダイナム バイト

結い上げられた白髪は心なしか艶々としており、以前よりも鳶色の瞳は深く鮮やかになったようだ

ご挨拶に来てはくれたものの、オーナーはご高齢なので給仕まではしない

代わって担当になってくれた青年が、塩の魔物がまたお店に来るようになって、オーナーはご機嫌のあまりすっかり若返ってしまったと教えてくれた

あなたも好きかも:同友会 パチンコ
「こうして喜んでくれる方がいるというのは、ノアにとっても幸せなことですね」「魔物の葡萄酒もかなり気に入ったようだ

もしかしたら、彼が再びこのメゾンに足しげく通うようになったから、魔物の魔術を帯びた葡萄が実ったのかもしれないね」ネアが統一戦争の悪夢から戻った後、悪夢の中とは言えネアを救えたからと、ノアは一人でそのお祝いをしたらしい

あなたも好きかも:ぱちんこ 制御
そこでオーナーから、滅多に出てこない魔物専用の葡萄酒が出来たと教えて貰ったのだそうだ

あまりにも美味しかったのと、その日のお祝い内容の気分的に、もうひと瓶注文してディノの為に取り置きしておいてくれたというので、ネア達は本日はその葡萄酒目当てでもあった

ネアには飲めないが、ディノは少しだけ嬉しそうなので、そんな魔物を見ているだけで何だか嬉しくなる

ご主人様的には、このメゾンで出している至高の味わいの葡萄ジュースを飲めるだけで幸せなのだ

「…………むむ

今日はメニューが二つあります!選べるというのもなかなかの試練………」こちらはお料理よりもメゾンで作っている飲み物を楽しむお店なので、ランチのメニューはメインが決まっていることが多いらしい

しかし今日はお薦め食材が二つあったのか、なんと二つのお料理から好きな方を選べるようになっていた

あなたも好きかも:パチスロ ライター myme
まず一種類は、冬にだけ収穫されるキノコに鶏ひき肉を詰めたファルシのチーズクリームソースがけ

もう一つは、サーモンのような風味のある魚のペーストを挟んだ、香草パイのミルフィーユ仕立てのような可愛らしいお料理だ

ラクレットチーズ的なものをたっぷりかけたお野菜なサイドメニューはいつも通りなので、最初はミルフィーユにしようと思ったネアだったが、寸前でオーダーを変えた

「………ファルシにします」「私は、パイの方にしようかな」「なぬ…………」迷っていた方を目の前で注文されてしまうとたいそう心が軋んだが、ネアは頑張って澄まし顔でその場を乗り切った

けれども、すぐにご主人様の煩悶に気付いた魔物が、パイの方も少し食べるかいと聞いてくれる

「むぐぐ

一口だけ交換してくれますか?でも、ディノにとって最後まで食べたい美味しさだったら、交換はしないでおきましょうね」「ご主人様が虐待する………」「あら、かえって落ち込んでしまいました………」「けれど、君がパイ生地のあるものを選ばないのは珍しいね」「パイであれば、パイ職人な使い魔さんがよく献上してくれるので、違う種類のものを食べれる機会にはそちらを試してみようと思ったのです」「ファルシも好きなのかい?」「はい