まどかマギカ スロット 新編

まどかマギカ スロット 新編

それやったら、力を貸してくれえ言うもんちゃうか?」 優樹は振り返ることのない一平の背中を見て、華音に目を向けた

あなたも好きかも:まどマギ スロット 前兆とは
「……、力を貸してね、華音ちゃん」「当然!!」 華音はギュッと優樹の腕を抱いた

あなたも好きかも:スロット 狙え 揃わない
「当たり前だよー!! だーって、優樹はかのんのものだもーん!!」「……どう当たり前やねん」 と、一平は訝しげに眉を寄せ、腕を奪われた優樹は、笑顔の華音を見て「……ふふっ」と笑った

「優樹のことは、ちゃーんと、かのんが守ってあげるからねーっ」「どっちか言うたら、おまえも守られる方やろ」「あーっ

かのん、強いんだからーっ!」「強い、言われたかてなあ……」「じゃあ勝負するっ?」「勝負て……

なんの勝負すんねん……」「んー

じゃあ、柔道! 一本勝負!」「……マジかいな

怪我するぞ」「しないもーんっ

あなたも好きかも:ワンダリーノ カジノ
かのん、強いから! 一平君だって、投げ飛ばしちゃうよ!」「アホ

身長差を考えーよ

そんな軽ぅないぞ、オレ」「じゃあ、今から投げ飛ばしてあげようかっ?」「遠慮しとく」「ほーら! かのんのこと、怖いンだー!」「怖い怖い

……、ある意味ホンマに怖い」「何よもー!!」 意気込む華音と、それを軽くあしらう一平と、二人を交互に見て優樹は愉快げに笑っていたが、礼拝堂を過ぎたところ、もうすぐ部室に着こうとした手前、ふと、人影が見えて顔を上げ、表情を消した

 抱きしめていた腕が引っ掛かるように止まり、華音は「ん?」と、足を止めた優樹を振り返った

「どしたの優樹?」 同じく足を止めて首を傾げると、前を歩いていた一平も足を止めて振り返った

「なんや? どないしてん?」 優樹の目が、じっと遠くを見ている