6号機 純増

6号機 純増

結局はわたくしもこうなってしまったのですね

けど、本当にもう、それでも良いですからずっとこうしていますわ

ああ、もう

堪りませんわ

このままいっそ、もう……カザネ、カザネ、カザネ、カザネェエエエエエ」「ティアラ様

あなたも好きかも:インフォオフ 評判
一応カザネが人形になって戻ってきたのは事実なのですが、ひとまずそちらのカザネを離した方がよろしいかと

そのままでは窒息死しますぞ」「きゅううう」「ああ、カザネ

あなたも好きかも:パチンコ サンフラワー データ
このカザネ、脆いですわっ

カザネ、ほらわたくしですわよ

しっかりしてくださいまし」 グッタリとしている風音にさらに揺さぶりをかけるティアラをジンライが羽交い締めにして止め始めた

しかし、ティアラのどこにそんな力があるのか、ジンライとは拮抗した状態となっていた

それは、想いの強さは人にいくらでも力を与えてくれるのだと弓花に教えているようでもあった

あなたも好きかも:スロット 事故とは
「うわあ」 だから、思わず弓花が思わずそう口にしたのも仕方のないことだ

状況はカオスそのものであった

ティアラも何か溜まっていたものが一気に噴き出したような状態である

それはジンライが止めていなければ、きっと道を踏み外していたに違いないと弓花が確信するほどの暴走っぷりであった