ニャウ カジノ

ニャウ カジノ

本当の意味で、康太は小百合の弟子としてふさわしくなりつつあるということに本人も気づかない

弟子は師に似る

本質的に康太は徐々にではあるが小百合に似つつあるのだ

それが良いことなのかどうかは本人にもわからないが

「君はこの前来たライリーベルに比べるとずいぶんと素直な性格みたいだね」「素直って・・・どういうことです?」確かに文は意地っ張りなところがあるが、自分もそこまで素直な方ではないと康太は考えていたが、フールツールは仮面越しでもわかるほどに笑みを浮かべていた

「いや・・・君の態度というべきなのかな?なんていうか、さっきから見てる二つの死体、これを見てずっと死んでほしくなかったって言ってるよ」「・・・あれ?俺口に出してましたか?」「口には出してなかったけれどね、何というか雰囲気でわかったよ

ライリーベルはそういう感情は露骨には出さなかったよ

怒ってはいたみたいだけどね」やっぱり文も死体を見て怒っていたのかと、康太は少しだけ文の感情を理解しつつも目を伏せてからもう一度目の前にある死体に視線を向ける

あなたも好きかも:ストライクウィッチーズ パチンコ 噂
「この死体は・・・どうなりますか?」「どうなるも何も、必要な処置をしてから排出されるよ

もう聞いているんだろう?」そう、康太はすでに知っている

この死体がこの後どうなるのか

どのようにして処置されどのような最期を迎えるのか

だが、それで本当にいいのかとも思ってしまっていた

確かに協会からすれば死体をいつまでも抱え込んでいるわけにはいかないだろう

場所も取るし手間もかかる

それなら必要な処置を終えてさっさと世に出してしまったほうが後が楽になる

だが、そうするとたぶん神加はこれから二度と両親の顔を見ないままになってしまうだろう