花の慶次 パチンコ 漆黒プレミア

花の慶次 パチンコ 漆黒プレミア

「定義(ディフィニション)──────無垢たる白と罪たる黒《イノセント・オア・ギルティ》」私が直感の、そして思うがままに自由にその発言をし……そして、黒は定まった

「────貴方の滝流(ロウリュウ)は既に朽ち果てた」

あなたも好きかも:リング 新台 パチンコ
夕食の後、わたしは部屋で着替えをした

 女騎士と同じようにズボンを履いて、スカートが捲れても大丈夫なような格好にしておく

着ているワンピースもシンプルで飾り気がなく、丈夫な生地で作られた服だ

「あんまり可愛くないですね」 ニコラは残念そうにそう言ったけれど、基本的にヴィルマと一緒のシンプルを愛するモニカは軽く息を吐いた

「森に採集に行くのに、飾りは必要ないわよ、ニコラ

動きやすさが一番ですもの

あなたも好きかも:リゼロ パチンコ スバルフリーズ
そうですよね、ローゼマイン様?」「モニカの言う通りです

今夜はひらひらした飾りは必要ありません」 髪は邪魔にならないように整髪料でがっちり固めて、後ろで一つに縛る

そして、冬の館を歩くだけなら、と思って履いていた短靴から、森を歩いても問題のない膝丈の革靴に履きかえた

ぎゅっぎゅっと紐を引いて締め付けられる度に、高揚感が湧き上がってくる

 ……久し振りの森だし、久し振りの採集だから、頑張らなくちゃ! 神殿に入ってから、森に行く機会がグッと減った

領主の養女になってからは、当然のことだが、全く森に行く機会などない

紙作りで工房の子供達が、ルッツやギルと森へ出かけていくのを見て、わたしも行きたいなぁ、と思っていても、わたしの体力では足手まといなので、いつも留守番係だった

 ……うぅ~、わくわくする

 靴を履かせてもらうと、わたしは立ち上がり、革のベルトを付けてもらう