ゴルゴ スロット 初代

ゴルゴ スロット 初代

こっちの考えが全部筒抜けだというなら、僕が神様をマーリンさんにちょっと似てると思ってるのもバレてる筈だ

そして…………マーリンさんとじゃれ合ってるのがひたすら好きで、それはもう小馬鹿にされるのも割とまんざらじゃないってとこまで…………はい

つまり……神様はきっと、善意でこんなことをしてくれているのだ

あなたも好きかも:29 日 イベント スロット
申し訳無さしかねえよ……っ

「今日はまた村を出て、そして泥を採って来て欲しい

といっても、すぐそこの山に登るだけだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 恋愛感情
粘土と、それから畑の土

私の力で可能な限り肥沃にしてはいるものの、それにも限度というものがある

世界は人間だけの為のものでは無い、そこが私の限界を定めるものだ」「人間だけの為の……ですか」 了解しました

と、僕もミラも疑問は一度横に退かして首を縦に振る

神様は人間の祈りによって生まれた……と

そして、それ故に人間にしか干渉出来ないと

ならば、畑の土に加護を与えるのにも限度があると言われれば……まあ、なんとなく納得出来なくもない

もしかしたら、この弱点……とまではいかないけど、神様の言う限界ってやつは役に立つかもしれない

覚えておかなくちゃ……「……? アギトさん、今朝からどうかなさったんですか? ずっと何かぶつぶつと……」「うぇっ? あ、ああ……いや

ミラちゃんが俺にも強化掛けてくれないから……」 拗ねたフリしてもダメです

と、ミラは割と容赦無く僕の要求を突っぱねる

うぐぐ……お前、なんか段々僕に対して当たりが強くなってきてるよな……? 最初の頃はもっと大事にしてくれてた気がするのに