ff13-2 スロット 演出

ff13-2 スロット 演出

――そう思っていた筈なのに、急に年月の話を聞いたら怖くなったの

もし、順調に国を平定して子ども達が病にかかっても直ぐに医療機関かかれて、何の心配も持たずに暮らせる国が出来たとしても

でも、私は家族も持たずに、何をしているんだろうって

"それでも、国が平和だからいいじゃない"って思えないの)恥を偲んだ、赤裸々な女性としての言葉だった

"俺は、国の人の幸せを願って入るけれど、決して仲間の幸せ夢を犠牲にしても、良いだなんて思ってなんか"そこまで言った時、不意にトレニアはから抱きついてきた

あなたも好きかも:ギャンブルゲーム オリジナル
"ト、トレニア?""強くて優しい王様になれるグロリオーサなら、絶対に私の夢を否定しない言葉を言ってくれるのが解っていた

こうやって、私の自己中心な恥の夢を諦めろなんて、絶対言わないのも解っていた

それ全部分かっているのに、優しい都合のいい言葉を聞きたくて、グロリオーサにだけこんな事を言うなんて、私、卑怯だよね

あなたも好きかも:ピンクの像ch
――ごめんね、頭、冷やさないとね"決起軍を始めた頃には同じくらいの背の高さだった女性は、いつの間にか、自分の胸元位の背になっていた

あなたも好きかも:パチンコ 行かない方がいい 日
(こんなに、トレニア、ちいさかったっけ)グロリオーサの、本当に不思議そうな心の声を聞くと、トレニアはクスッと胸元で笑った

"イテっ?!"思わず痛みにこめかみを押さえると、またトレニアがクスリと笑った

(貴方がデッカクなったのよ、鬼神さん)日頃はグロリオーサが苦手だと知っていてテレパシーを使わないトレニアが、こんな風に使う事が、彼女が"平常心"ではない事を現しているようにも見えた

"外で、頭を冷やしてくるね"背伸びをしてグロリオーサの耳元で囁いてから、天幕から、魔女は駆け出した

"…トレニア!!イっ!"連続してテレパシーを使われた為か、思わずグロリオーサが踞る程の頭痛と共に、トレニアの声が頭に響く

(ついてこないで、貴方に泣き顔を見られたくはないの!)その言葉もあって、グロリオーサは結局、仲間を追うに追いかけられない状況になってしまった

『―――グロリオーサがトレニアという女性の気持ちを考えて、決起軍から外そうとしたりしても、決起軍の中で、"悪魔のアングレカム"という参謀殿と一悶着ありそうだな

戦力としても勿論だが"心が読める魔女、トレニア・ブバルディア"が、レジスタンスにいる事は決起軍にとって味方についた6割の者達への"セールスポイント"に、使っているところもあるだろうから