パチンコ マックス 撤去

パチンコ マックス 撤去

頼むから、美射、今だけはこっちを向いていないでくれ

俺は、今回も無事、面会を済ませて帰りたい……

ハルは終いには腹を抱えて爆笑し始める

あなたも好きかも:スロット 勝つコツ
俺が終始、弱気な受け答えなのがどうやらツボに嵌ったらしい……

あなたも好きかも:パチンコ動画 web
そう言う感じで、一時間で現地まで到着したのだがなんと今度の、黒塗りのユーフォー停止位置は上空三千メートルである

クラーゴンに尋ねたら、パネルに表示されている地図の数値をを見ながら高度三キロルン(km)と言っていたから間違いない

あなたも好きかも:パチスロ g 意味
二度聞いても、笑いながら同じことを返された……

ここから真下にある海上刑務所にスカイダイブしろと無茶なことを機械音声のアナウンスは言ってくる

クラーゴンとハルは、あっさりと準備を初めて床から出てきた、小さなボタンのついた小石程度の大きさの共鳴粒子反重力装置を俺に渡そうとしてくる

「こ、これで降りろと……」頭をフル回転させて「あ、そうか簡易版生命力固定があるな」と思い出し、美射の顔と同情を思い浮かべて全身を薄く黄金色に発光させる

これと、共鳴粒子反重力があれば万全かな

と思いながら、受け取ろうとするとクラーゴンからサッと腕を引かれる

「お、おい……」「王者が二重に保険かけようなんてダサいのよ

 男なら、それだけでイキなさい!」クラーゴンは真面目な顔を装っているが目が完全に笑っているのが分かるる「私もクラーゴンさんに賛成かな」ハルも真面目な顔で言ってくる

「お、おい、ハル……」「パパ、かっこいいとこ見せてよ!」「……う、うん」その後、二人の勢いに押し切られて何か知らんが、俺は最初に投下されることになった

壁に開いた入口から強風に吹かれながら下を見てみるがだだっ広い海の中に、ポツンと白い点が見えるだけである

いや、無理だろ……スカイダイブどころかバンジージャンプすらしたことないぞ俺……

黙って迷っていると、背中を思いっきりクラーゴンに蹴られて、下へと落ちていく

最初は、凄まじい速度で落下していたが手足をジタバタしてもがくと、次第に落下速度がゆっくりになってきた