1990年代 ゲーム機

1990年代 ゲーム機

……あいつら、おまえと流は上手く行きっこないって思ってるみたいだからな

あなたも好きかも:パチンコ 育ち
それに、噂じゃあおまえらはもう駄目だって聞いたからって」「流におまえは不釣り合いだと

流にはもったいなさ過ぎる、だとさ」 ため息を吐く立花に続いて洋一が苦笑気味に肩をすくめると、優樹はポカンとした

 ――なんだか、また、気の重い状況だ

 立花は「勝手にしろ」と言わんばかりに知らん顔で背を向け自席に戻り、洋一はその背中を見送って、優樹へ怪訝に首を傾げた

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 修羅の国篇 天井
「おまえら、やり直すって決めたんだろ?」 問われた途端、優樹は顔を赤くして俯き、机に置いている両手の親指と人差し指を絡ませる

 モジモジと恥ずかしがる姿に答えを見つけた洋一は、「はいはい」と、苦笑して自席へ戻った

 ――面と向かって聞かれると、答えに詰まってしまう

 もちろん恥ずかしさはある

あなたも好きかも:パチンコ 次の日 疲れる
でも、少々戸惑いが残っているのも事実だ

 確かに昨夜、「付き合って欲しい」と言われた

そして、自分自身も「はい」と返事をした

それで“成立”と言えばそうなのだろうが、まだピンと来ない

あの電話のあとも、長く話しをすることはなく、反町はただ平謝りと感謝を続け、優樹はただメソメソと泣きながらも頷き続け、そういう状態のまま「また明日の放課後に――」と、終わってしまったから

 彼とはこれからどうなるのか、まだよくわからない

 胸元にはまたお揃いの指輪が戻って来たが、以前のように仲良くなれるのか