リセット 期待値

リセット 期待値

メルシーネの言っていることは確かにヴィローサの問題である部分だ

ヴィローサは戦闘能力がない

何かそこに存在するかどうかを把握するという点では高性能で、毒というものを扱いその力を用いて攻撃できる

あなたも好きかも:アラジン パチンコ 福島
しかしアンデッド、呪いを操る存在、あるいは呪いに操られる存在、霊体相手……全てに通用するわけでもないし、通用しても完ぺきではない

特によくわからない呪いという力を行使できる存在のいるこの場所にてヴィローサは一番死に安く死ぬ可能性の高い存在であると考えられる

 もちろんメルシーネも公也も危険ではある

しかし竜ゆえに耐久性能の高いメルシーネに、ほぼ死ぬことがなく<暴食>によって身を苛む問題を排除できる公也と比べれば

あなたも好きかも:スロット バイオハザード リプレイ4連
毒を扱うしかなく肉体的には脆弱なヴィローサは二人よりも危険ということになる

それをヴィローサは理解している

理解しているからこそメルシーネの言葉に対し何も言えずただ睨むしかできないのである

あなたも好きかも:スロット ま ど マギ 4 設定 判別
だけどこのままヴィローサを置いていく、というわけにもいかないんじゃないか?」「……それは確かにそうなのですけど」「私はキイ様たちについていかないとだめってことよね

妖精一人だけが飛んでいるのは危ないから」「確かにそれはそうなのですけど……でも連れて行くのも危険なのですよ?」「……それはわかるんだが」 公也もヴィローサを連れて行くことでの危険は分かっている

ヴィローサは公也のためであれば殉死も気にしないが公也が気にする

むざむざヴィローサを連れて行き死なせるようなことは公也がしたくない

「…………一つ手がある

メル、ヴィローサのことを頼んでいいか?」「ちょっとキイ様!?」「…………わたしとしてもそれはちょっと受け入れにくいやり方なのですね」「だが……ほかに方法ないんじゃないか?」 公也が思いついたのはメルシーネを置いていくこと

ヴィローサの守りにつけること

あるいは外で待ってもらうといううのも一つの手段である

しかしヴィローサは公也だけ生かせるのは嫌だし、メルシーネもまた公也を守れないのは嫌である