マジック・オブ・サハラ

マジック・オブ・サハラ

 『血の魔獣』たちは喉という器官を失っているので、どれだけ身体を震わせても声は出ないはず

そもそも、度重なる実験によって、その魂は狂気に呑み込まれてしまっている

 血の海を介して、振動が伝いやすいからか? 迷宮だから、死者の魂たちと直接コンタクトできると言うのか?「なら、これは……、これは(・・・)?」 息ができず、まともに喉は震えない

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ オープニング予告
 しかし、口を動かせば、外に振動を出せた(・・・・・・)

 まるで魂を震わせての振動(こえ)

 引き摺り込まれている先を予感する

「ええ、ここは『血の理を盗むもの』の《生きとし生ける赤(ヘル・ヴィルミリオン・ヘル)》

あなたも好きかも:鉄拳デビル スロット
大地に染み込んだ血を操り、死者たちと話せる墓参りの魔法(・・・・・・)――の下(・・)」 99層の下に、ヘルミナさんの本当の『魔法』が展開されていた

 それは戦闘の効果で言えば、亡霊を操る魔法

あなたも好きかも:パチンコ 屋台 イベント
 だから、『大聖都』の地下で再会したときのカナミさんには、死霊使い(ネクロマンサー)のようだと揶揄された

 しかし、本質は少し違う

 見ての通り、死者たちとの意思疎通が、一番の真価

 その真価の深淵に、俺は引き摺り込まれていっている