ブラックジャック 目

ブラックジャック 目

敵の航空隊を蹴散らすには十分な数かもしれないけれど、実はこの航空部隊ですら氷山の一角

リキヤさんが投入すると決意した航空戦力の1割に過ぎない

 私たちに与えられた任務は、まず最初に”艦隊を襲撃する艦載機部隊を排除し、艦隊の進撃を支援すること”

更に”可能であれば敵艦隊に攻撃を加え、打撃を与えること”という任務も受けているけれど、後者は二の次でいい

上陸部隊を乗せた強襲揚陸艦の艦隊がやられてしまったら、この作戦は失敗してしまうのだから

 やがて、キャノピーの向こうに黒煙が見え始めた

もう既に戦いが始まっているのは分かっていたけれど、黒煙が上がっているのは敵艦隊ではなく、モリガン・カンパニーの連合艦隊からみたい

あなたも好きかも:ジュラク パチンコ
まさか力也さんやエミリアさんがやられてしまったのではないかと思ってぞっとした私は、仲間たちや最愛の夫が乗るアドミラル・クズネツォフを探した

艦首が上へと曲がったような外見をしているから、他の艦とはすぐに見分けがつくかもしれないと思ったけれど、同型艦も混ざっているし、中には駆逐艦と衝突している空母や黒煙を上げている空母もある

そういった空母を目にする度に、あれがアドミラル・クズネツォフなんじゃないかと思って、私は焦ってしまう

あなたも好きかも:草津 パチスロ
 必死に夫の乗る空母を探していると―――――――PAK-FAのレーダーが、接近する敵航空部隊を捕捉した

『か、数が多い…………!』 仲間のパイロットのうちの誰かが、その反応を目の当たりにして驚愕した

あなたも好きかも:パチンコ 化け 物語 セカンド 評価
 その反応の数は、あのファルリュー島上空での空戦を彷彿とさせた

僅かな航空部隊で圧倒的な数の敵航空部隊に戦いを挑んだ時の光景が、フラッシュバックする

 火達磨になって墜落していく敵

キャノピーのすぐ近くで爆発した敵の空対空ミサイル

『狼狽えるな、同志

ファルリューはもっとヤバかったんだ』『でも、先輩

敵は100機以上ですよ!?』『何言ってんだ、戦果をあげてエースの仲間入りをするチャンスじゃないか』『そうだぜ