アリアナ

アリアナ

そして、レマニフラの王女ナージュ・ジール=レマニフラがひとり騒いでいたのが印象に残っている

 わずかな供回りとはいうものの、その実、精鋭揃いであり、王の身を案じる声は少なかった

そもそも、ひとりで王宮を抜け出すような人物だ

心配しても仕方がない、という考え方が広まりつつあった

あなたも好きかも:信長の野望 パチンコ 甘
もっとも、多くの場合、レオンガンドはひとりではない

彼には影が付き従っている

 今回、レオンガンドに同行したのは、王立親衛隊の中でも遊撃の役割を担う《獅子の尾》隊である

たった三人の武装召喚師で構成された部隊ではあるものの、その戦闘力は計り知れなかった

特に隊を率いる王宮召喚師セツナ・ゼノン=カミヤは、たったひとりで戦局を覆しかねないほどの力を持っており、ガンディアの躍進に大いに貢献している

彼らがいる以上、余程のことがあったとしても、なんとでもなるだろう

あなたも好きかも:どうぶつの森 パチンコ 売ってない
 ナージュ王女が同行するといいだしたときは唖然としたものの、今後のことを考えれば、それもいいことなのかもしれない

 レオンガンドは、レマニフラとの同盟に乗り気だ

あなたも好きかも:パチンコ 時間効率 悪い
その同盟を強固にするための政略結婚であろうと、受け入れる覚悟がある

国のためならばどんなことだってするというのが、レオンガンドという人物だ

それは自分に対してでも同じなのだろう

 彼がここにいるのも、レオンガンドがそういう男だと見込んだからだ

 キース=レルガ

ナーレス=ラグナホルンとともにザルワーンに溶け込んだヒース=レルガの兄弟であり、同じ異能に呪われている

「呪縛だろう」 つぶやく