スロット 準備中 長い

スロット 準備中 長い

しばらくして気付いたが、殆ど人間ばかりで たまに魔族が混ざっているくらいである

他種族は居ないようだ

一時間半ほどして、アルデハイトと共に部屋に入ってきたのは ドン・キャブラグだった

「だいぶ待ったわー

おいアル

あなたも好きかも:マルハン パチンコ リセット
お前はあん中でタジマ様と一番親しい俺を こんだけ待たせて、ただで帰らせる気じゃねぇだろうな?」ドンのドスの効いた難癖をあっさりスルーしたアルデハイトは「バースマリグの帰属問題をここで話し合うために ドンさんを最後にしました」と俺だけを見て言ってくる

あなたも好きかも:妻 趣味 パチンコ
山根が欠伸をしながら「この小汚い爺さんは誰なわけ?」と言って、ドンが「ん、ああ

タジマ様の知り合いだよ

"凶"ちゃんよー」と答えてウインクを返してきて、山根が嫌な顔をする

アルデハイトは、二つさらに別室から椅子をもってきて並べて四人で囲むように座る

あなたも好きかも:パチンコ ダークフォース 評価
アルデハイトがまずは口を開いた

「経緯を説明します

バースマリグ市をタカユキ様直轄地にしろと言うドンさんの要求に対して タカユキ様のアイデアで、直轄地にした上でタカユキ様の名声を観光等に使用して それで得た売上の一部をローレシアンへ税金として収めては どうかという提案をしたのですが……」 「良い条件だが、こいつは信用ならねぇからな

 タジマ様の顔を見て、直接決めたかったわけよ」ドンのよく焼けた皺皺の顔から睨まれて、アルデハイトが苦笑いする

「で、タジマ様、それで間違いねぇんだな」 「うん

俺がアルデハイトに直接その話はしたんだよな」 「はい

間違いありません」 「……分かった