ff14 討伐 ルーレット

ff14 討伐 ルーレット

「もちろんです

マイペースで食べてください

……あ、飲み物はお茶でいいですか? 他に何かあるなら買ってきますけど?」 問い掛けるが、みんなは複雑そうな顔で首を振る

少年は「そうですか」と、再び笑顔で準備を進めだした

「……ワケわからん」 大介が眉間にしわを寄せ、胸の前で腕を組んだ

「なんや……ただ食うだけかぃ」「……みたいね」 生美は鼻から深く息を吐き出し、鞄の中を探ってヘアゴムを取り出した

あなたも好きかも:ブラックジャック カジノ ゲーム
「お餅の中の鍵さえ見つければいいんでしょ? だったらお餅を半分にして」「食べないと罰ゲームがあるんだと」 洋一にじっとりとした目で遮られ、生美は「……はあ」とうんざりしたため息を吐きながら髪の毛を束ねて後ろでまとめた

「食べるしかないってことなのね……」「……よし

あなたも好きかも:松井玲奈 実家 パチンコ
チャレンジや」 大介が意気込みコートを脱ぎ出すと、みんなもそれに倣って鞄を置き、コートを脱ぐ

優樹と伏見は繋がっているために上着を脱ぐことは出来ないが

 みんなの様子を目で追う二人に、少年はお手拭きを用意しながら笑い掛けた

「大島さんと伏見さんも食べますよね? スプーン、用意しましょうか?」 問い掛けられ、二人は顔を見合わせると彼に向かって頷いた

しかし、伏見はやる気満々だが優樹は困惑しているようだ

不安げに目を泳がせて段々と俯く姿に、一平は「……やめとけ」と小声で促した

「無理して食うことはない

オレらに任せといたらエエわ」 気遣いを見せる彼に優樹は戸惑ったが、「はぁー、信じらんねぇ」と、伏見に呆れられて肩を震わせた

「自分のことだろ? 吐いてでも食おうとか思わないのかよ? 甘ったれだな」 冷たく突き放すような彼にみんなはムカッと睨み、優樹は反論も出来ずに悲しげに俯いた