a:ir オンラインゲーム

a:ir オンラインゲーム

彼の活躍を嫉むものも決して少なくはなかった

もしセツナが悪意に敏感であれば、いろいろ感じるものがあったかもしれない

 もちろん、レムとマユリ神のこの度の計画がセツナへの悪意に満ちたものではなく、むしろ好意の塊であることはいうまでもなく、それ故、徹底的に隠さなければ見破られかねないということだ

「では……」 レムは考えに考え抜いた挙げ句、あるひとつの希望を提示した

 それこそ、この度の健康診断、身体検査において、嫌というほど実感することになった己の肉体についての希望だ

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 無料
 これまで、何度となく考えたことでもある

 もし、十三歳のとき、命を落とさず、無事に生き続けることができていたならば

あなたも好きかも:ターボ スロット 種類
 もし、死神に生まれ変わったとしても、時間が止まるようなことがなければ

 成長した自分の姿を妄想することは、死神部隊の一員だったときからの彼女の趣味のようなものだった

「どうだ? これが本来のいまのおまえの姿だ」 レムは、映写光幕に映し出された自分の姿を目の当たりにして、声もなく立ち尽くしていた

レムに似た部分を持つ別人が映し出されているとしか想えないくらいだった

それくらいの変化があった

なにもかもが変わっている

身の丈から体の肉付き、手足の長さに加え、顔つきも随分と大人びていた

それはそうだろう

十数年分の時間を加算したのだ

年を取った

年を経、成長するとはそういうことなのだ