袖ヶ浦 パチンコ

袖ヶ浦 パチンコ

もう下がって良い」 聞き慣れた声が響いた

部屋の中は随分と簡素なものだった

仕事をするためのものだろう、机と椅子と棚と、それと紙の山

あなたも好きかも:スロット 実機 比較
窓も無い部屋の中を照らしているのは無数の照明球と呼ばれた電球のようなものだけ

そしてそんな無機質な部屋に似つかわしく無い大きなベッドが一つ

あなたも好きかも:百花繚乱 パチンコ 初代
そのちぐはぐな部屋はあまりにも部屋の主と不釣り合いに見えた

そんな場所に佇んでいたのは、暗い青色のドレスに身を包んだ星見の巫女様だった

「——っ! マーリンさん——」「——慎め——発言を許可した覚えはない————」 いつの間にやら頰は綻んでいた事だろう

さっきまで緊張に早くなっていた脈も、きっと歓喜と興奮によって昂っていたはずだ

あなたも好きかも:パチスロ 地獄少女 設定差
マーリンさんだ

とても綺麗な装いで物静かにしているものの、そこにいるのは紛れもなくマーリンさんなのだ

だから、僕もミラも喜びのあまり声をかけて駆け寄ろうとした

しかしそれを許さなかったのもまた、マーリンさんであった

「下がれ

と、言ったのが聞こえなかったか

私に三度同じことを言わせるつもりか」「っ