春日 パチンコ屋

春日 パチンコ屋

組んでいた腕をほどいて見れば、こちらを捉えて離さないミヤコが、口元を僅かに歪めている

「んだよ」「戦闘に心得は?」「それなりにある

言っただろう、騎士団の育成なんかも手掛けてるってな

ま、俺の場合は基本が魔術による圧倒だが」「知ってる

あなたも好きかも:千金 堂 総額
魔術に頼り過ぎで、体術が疎か……基礎ができてないから、術式に振り回される

それと、想定が甘い」「言うじゃねえか」「わかんない?」「……外れてねえのは事実だ」「じゃ、わかってないね……あは」 話しながらも、ミヤコは気を抜いていない

状態も、状況も、なにもかもが変わらない――あるいは、その、呼吸すらも

「なんなんだ」「リウとは違うなって感じてるだけ

あなたも好きかも:サクラ大戦 血潮 スロット
ジェイ、戦闘する時はスイッチ?」「……? どういう意味だ?」「ん

あなたも好きかも:パチンコ 千両 裾野
戦闘状態になれるって意味」「そりゃできねえことはないが――ただの標的でいいんだろ」「わからないみたいだから

――なってみれば、わかるかも

それだけ」「それだけ、ね」「――あ、逃げないように気をつけて」 どういうことだと眉根を寄せたが、ため息を一つ落として考えるのを保留した

 戦闘状態になるとは、ジェイにとって魔力を溢れさせることだ