化物語2 スロット 噂

化物語2 スロット 噂

俺の声を聞いた御堂は

言葉にできない想いを表情で示しながらも、ふらつくような足取りでゆっくりと歩みだした

「総…魔…?総魔ぁぁぁぁぁっ!!」俺がここにいることが信じられないのだろう

必死に駆け寄ってこようとする御堂だが、その前にゆっくりと手で制する

「落ち着け御堂

」「…っ!」制止を受けて足を止めた御堂だが、それでも御堂の瞳は俺から全く動かなかった

「そんなに見つめなくても逃げたりはしない

あなたも好きかも:スロット 日当
少なくとも、お前との再戦の約束を果たすためにここにいるわけだからな

」「僕との…再戦?」「ずっと望んでいただろう?俺と再び刃を交えて力付くで引き留める

あなたも好きかも:メフィスト スロット 中古
かつてお前はそう考えたはずだ

」「ま、まさか、そのために…っ!?」…ああ、そうだ

あなたも好きかも:シンガポール カジノ 入場料
「そのために全ての条件を整えて、ここに戻って来た

」「だ、だったら…!だったら僕の最後の相手は…っ!?」「もちろん俺だ

」「っ!!」もう二度と叶わないと思っていた再戦

それが実現されることで御堂は全ての思考を振り払ってまっすぐに俺と向かい合ってくれた

「まさかこんな日が来るなんて思っていなかったけど

だけどきみを倒すことが僕の最後の試練なんだね?」「ああ、そうだ

できるものなら、だがな