パチスロ 4号機 名機

パチスロ 4号機 名機

インフィニット達は厚い金属の扉の扉を開けて最後の七賢者であるノストラダムス=アワリティアと対峙した

『ほう……貴様らがヴァパリア黎明結社と敵対しているという超帝国マハーシュバラの最高戦力か

あなたも好きかも:ジャングルスピン
矮小な者達の中ではなかなか骨がありそうではないか』-----------------------------------------------NAME:ノストラダムス=アワリティア AGE:15,000,000,000歳LEVEL:99999999(DESPERADO)HP:99999999/99999999(+9999999999999)ΩM:∞(+9999999999999)STR:99999999(+9999999999999)DEX:99999999(+9999999999999)INT:99999999(+9999999999999)CON:99999999(+9999999999999)APP:6000(+9999999999999)POW:99999999(+9999999999999)LUCK:99999999(+9999999999999)JOB:堕ちた創造神TITLE:【堕ちた創造神】、【強欲を司る創造神】、【ヴァパリア黎明結社七賢者】、【超越者(デスペラード)の領域に至りし者】SKILL【物理無効】LEVEL:MAX(限界突破)→物理を無効にするよ! 【物理耐性】の上位互換だよ!【衝撃無効】LEVEL:MAX(限界突破)→衝撃を無効にするよ! 【衝撃耐性】の上位互換だよ!【魔法無効】LEVEL:MAX(限界突破)→魔法を無効にするよ! 【魔法耐性】の上位互換だよ!【状態異常無効】LEVEL:MAX(限界突破)→全ての状態異常を無効にするよ! 【状態異常耐性】の上位互換だよ!【即死無効】LEVEL:MAX(限界突破)→即死を無効化するよ! 【即死耐性】の上位互換だよ!【因果無効】LEVEL:MAX(限界突破)→因果干渉を無効化するよ! 【因果耐性】の上位互換だよ!【クライヴァルト語】LEVEL:MAX(限界突破)→クライヴァルト語を習得するよ!【ミンティス国】LEVEL:MAX(限界突破)→ミンティス語を習得するよ!【マハーシュバラ語】LEVEL:MAX(限界突破)→マハーシュバラ語を習得するよ!【ジュドヴァ=ノーヴェ語】LEVEL:MAX(限界突破)→ジュドヴァ=ノーヴェ語を習得するよ!【エルフ語】LEVEL:MAX(限界突破)→エルフ語を習得するよ!【ドワーフ語】LEVEL:MAX(限界突破)→ドワーフ語を習得するよ!【獣人第一共通語】LEVEL:MAX(限界突破)→獣人第一共通語を習得するよ!【獣人第二共通語】LEVEL:MAX(限界突破)→獣人第二共通語を習得するよ!【海棲語】LEVEL:MAX(限界突破)→海棲語を習得するよ!【ヴァパリア黎明結社共通語】LEVEL:MAX(限界突破)→ヴァパリア黎明結社共通語を習得するよ!ITEM・黎明結社のペンダント→ヴァパリア黎明結社のシンボルである六芒星に十字架を合わせた意匠のペンダントだよ!NOTICE----------------------------------------------- その傲慢不遜な堕ちた創造神――ノストラダムスの言葉を引き金に始まった戦い

あなたも好きかも:シンフォギア スロット 天井
 といっても、攻撃を仕掛けるのはインフィニット達の方でノストラダムスは仁王立ちで攻撃を受けただけだ

 だが、たったそれだけで戦いの結末は見えた

「…………シヴァ様、佳奈達を連れてお逃げください」「インフィニット……いえ、逢坂隊長! 俺達は貴方を置いては行けません!!」「いいから逃げろ!! お前達は足手纏いだ」 この世界に来てからシヴァを上司として扱ってきたインフィニットが初めてシヴァの命令に背き、乱暴な言葉を投げかけた

「…………もう、大切な仲間を失うのは嫌なんだ」 インフィニットの脳裏に浮かんだのは西村裕司と坂口柚月――まだ逢坂詠が傲慢に振る舞わず、詠本来の性質を出すことができていた、インフィニットに言わせれば弱かった頃(・・・・・)の自分のかけがえのない部下達

あなたも好きかも:オンラインカジノ 勝率
 自分が未熟でなければ、傲慢であれば絶対に失わなかった大切な仲間

(…………傲慢に振舞って弱さを消せたと思っていたが……弱さというものはなかなか消えてくれないものだな) 結局、インフィニットはあの頃から何一つ変われていないのかもしれない

 仲間の命が奪われることに怯え、掛け替えのない大切な人達が目の前で奪われることを恐れ……傲慢に振る舞えば、強くなれば守れる……そう信じてきたが、どんなに強くなっても守れないことがあることを、ノストラダムスを目の前にして理解させられた

(…………能因草子

俺が貴様を嫌いなのは、どんな困難を前にしても必ず仲間を守ってしまうからだ

そんな風に大切な人を守れる力を持つお前が、俺は羨ましかった) ――第三次世界大戦を経験していない奴に劣るなど許容できない

 ――平和ボケした男如きがお気楽に強くなれるなんて、許されるはずがない

 結局、インフィニットは第三次世界大戦のない平和な世界から来たということを理由として持ち出しながらも、能因草子に直接悪感情を覚える理由は別にあったのだ

 自分では守れなかった西村裕司と坂口柚月を救えたかもしれない――そんな能因草子の力に激しく嫉妬していた